メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

大使公邸のタイ人料理人(その2止) 日本の家庭の味追究

ニューデリー南部の市場「INAマーケット」で食材を買い付けるタイ人の日本大使公邸料理人スポット・カドペットさん。「季節感のある日本料理」を作ることがスポットさんの信条だ=ニューデリーで2018年6月4日、松井聡撮影

 

 ◆インドで6カ国目 タイ人の公邸料理人

賓客うならせ20年

 ニューデリーにある在インド日本大使館のタイ人公邸料理人、スポット・カドペットさん(46)は、父を早くに亡くした。高校卒業後の1994年、父親代わりだった13歳年上の兄チュンポンさんが勤めていたバンコクの日本料理店「菊水」に入社した。手先が器用で、料理の上達は早かった。

 「スポットは入ってきた当初から、まじめで素直、研究熱心だった。兄から聞いたり、自分でいろいろ調べた…

この記事は有料記事です。

残り4767文字(全文4983文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです