メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/100 第二話 姑の墓=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 その手のひらと同じ大きさの真っ赤な痣(あざ)がここに浮き出していると、お花は言い張るのだった。

「左肩にもございますの。右肩のよりも薄くて、手のひら半分ほどの大きさでございます。たぶん、母の右手の方が強く当たったからだと思いますが--」

 身をもがいて左肩も露(あら)わにしたが、そこにも何もない。お花が「ある」と訴える赤い痣など、どこにも見当たらない。

 しかし、お花は譫言(うわごと)のように言いつのる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  3. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  4. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  5. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです