メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『雷鳴と稲妻 気象の過去、現在、未来』=ローレン・レドニス著、徳永里砂・訳

 (国書刊行会・9504円)

気象と人間の関わりを記す美術書

 大型台風、地震、記録的な猛暑……今年の日本も、さまざまな天災に見舞われた。人間は天文学や気象学を発展させ、災害に対処しようとしてきた。昔よりは被害を小さくできるようにはなったが、災害を前にすると、人間はいかに無力かがわかる。そんな気象と人間との関係を、斬新な美術書の形で描き出したのが、今回ご紹介する『雷鳴と稲妻』だ。

 本書は美術書でもあり、ルポルタージュでもあり、科学書でも歴史書でもある。著者のレドニスは前作、『放…

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2063文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ORICON NEWS 逆ナンにハマる肉食女子や“やっちゃう系”のヅカ女子に密着
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです