メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『山家集』=西行・著、宇津木言行・校注

 (角川ソフィア文庫・1253円)

 平安末・鎌倉初期の歌人西行(さいぎょう)(一一一八-一一九〇)の代表歌集『山家集(さんかしゅう)』全一五五二首の本文に、精細な脚注、補注を付す一冊。西行は下北面(げほくめん)の武士として出仕したが突如出家。源平の動乱を詠み、旅を重ねて独自の歌境を開いた。なかでも「願はくは花のしたにて春死なんそのきさらぎの望月(もちづき)のころ」は知られる。辞世の歌という見方はあやまりで、死の二〇年以上前の詠作らしい…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 梅宮辰夫 「やすらぎの刻」で石坂浩二の亡き父役 倉本聰作品に12年ぶり出演

  4. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです