メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

大竹文雄・評 『ヒットの設計図 ポケモンGOからトランプ現象まで』=デレク・トンプソン著、高橋由紀子・訳

 (早川書房・2052円)

 「印象派の画家の名前を知っているだけあげてください」というクイズに、あなたは何人答えられるだろうか。多くの人は、モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌ、マネ、ピサロ、シスレーの7人くらいまでならなんとか答えられるのではないか。これらは、美術の教科書にもその作品が掲載されているので、多くの人が知っている。ところが、印象派の画家たちが活躍していた時代には、他にも有名な画家がいた。カイユボットはその一人である。しかし、冒頭のクイズでカイユボットの名前を答える人は少ないだろう。なぜ、カイユボットは、現在知られていなくて、モネは知られているのだろうか。本書は、この疑問から始まる。

 コーネル大学の心理学者ジェームズ・カッティングの研究によれば、印象派で有名な7人には共通項があるという。それは、画家であったカイユボットが当時集めていた印象派のコレクションをリュクサンブール美術館に展示するように遺言で指示しており、その中に含まれていたのが7人だということだ。この出来事が美術史家の注目を7人に集めて、何度も取り上げられたことが、人気をより高めた。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  4. 「クラクションに腹が立った」 あおり運転の疑いで中学校教諭を書類送検 兵庫

  5. ヤングケアラー~幼き介護 埼玉の高校生20人に1人が家族介護 大阪でも同傾向 半数超が中学以前から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです