メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

NHK杯 紀平、鮮烈デビュー GP初出場初制覇、日本勢初

【フィギュアスケートNHK杯】女子で優勝した紀平梨花=広島市中区の広島県立総合体育館で2018年11月10日、猪飼健史撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は第2日の10日、広島県立総合体育館で男女のフリーなどが行われた。女子フリーはショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(関大KFSC)が154・72点、合計224・31点でGPシリーズ初出場初優勝を果たした。SP2位の宮原知子(関大)が合計219・47点で2位、SP首位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が合計219・02点で3位となり、2人は12月にカナダであるGPファイナルへの出場を決めた。

 男子フリーはSP首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計276・45点で制し、GPファイナル出場を決めた。ペアはナタリア・ザビアコ、アレクンサドル・エンベルト組(ロシア)が合計214・14点で初優勝。須崎海羽、木原龍一組(木下グループ)は8位だった。アイスダンスのリズムダンス(RD)は小松原美里(倉敷FSC)、ティム・コレト(米国)組が9位。

この記事は有料記事です。

残り2014文字(全文2419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです