メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

W杯 第6戦 大橋2位、日本新 女子400メートル個メ

女子400メートル個人メドレー決勝、2位となった大橋悠依の背泳ぎ=東京辰巳国際水泳場で2018年11月10日、梅村直承撮影

 短水路(25メートルプール)で争う競泳のワールドカップ(W杯)第6戦東京大会の第2日は10日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子400メートル個人メドレーで大橋悠依(イトマン東進)が自身の日本記録を塗り替える4分22秒73で2位に入った。優勝はカティンカ・ホッスー(ハンガリー)で4分21秒91だった。

 女子50メートルバタフライは18歳の池江璃花子(ルネサンス)が24秒80で3位。優勝はラノミ・クロ…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです