メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

三井住友VISA太平洋マスターズ 秋吉首位キープ

第3日(10日、静岡・太平洋C御殿場=7262ヤード、パー70)=毎日新聞社後援

 前日から順延された第2ラウンドの再開が濃霧の影響で1時間遅れ、72ホールの実施が困難になったため大会は54ホールに短縮。加算賞金額は当初の75%となる。第2ラウンドを終え秋吉翔太が68で回り通算8アンダー、132で単独首位を維持。松山英樹は71で通算イーブンパーの25位。4オーバーまでの60人が最終ラウンドに進み、石川遼は8オーバーで予選落ちした。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです