メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

アジア選手権 藤井V2 男子リード

 スポーツクライミングのアジア選手権は第4日の10日、鳥取県倉吉市でリード、スピードの男女決勝があり、男子リードは25歳の藤井快(こころ)=TEAM au=が2連覇した。西田秀聖(奈良・天理高)と高田知尭(ともあき)=鳥取県協会=も同じ高さで並んだが、準決勝の成績が上位の藤井の優勝となった。

 女子リードは日本勢は野口啓代(TEAM au)の2位が最高。世界選手権4位の小武芽生(めい)=エスエスケイフーズ=は3位だった。優勝は世界選手権銅メダルの金ジャイン(韓国)で、唯一、完登した。

 スピードは1対1の対戦方式によるトーナメントで実施。日本女子は1回戦、準々決勝で野中生萌(みほう)…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです