メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刑事裁判記録

終戦直後キリスト教弾圧裁判 本人の記録、閲覧拒否 新潟地検「保管期間過ぎ対象外」

新潟地検に自分の裁判記録の閲覧を求めた金沢美保子さん(左)。入所している高齢者施設をカンドゥチ神父が訪れた=東京都内で2018年11月5日、青島顕撮影

 終戦直後、カトリック信仰を理由に有罪判決を受けたとみられる女性が、刑事裁判記録の閲覧とコピーを請求したのに対し、新潟地検は「認められない」と拒否した。取材に対して「保管期間が過ぎた記録は閲覧対象にならない」と説明している。一方で、女性とともに有罪判決を受けた2人の遺族に記録の閲覧を認めている。法律の専門家は「自分の情報を管理できる権利を尊重し、閲覧を認めるべきだ」と指摘している。【青島顕】

 女性は新潟県上越市出身の金沢美保子さん(94)。特別高等警察の記録などによると、地元の高田カトリック教会に通っていた1944年4月、「キリストを絶対視し、皇室の尊厳を冒とくした」として刑法の不敬容疑で逮捕された。同年末ごろ同教会のドイツ人のサウエルボルン神父、女性信者2人(いずれも故人)とともに治安維持法違反で起訴されたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り1527文字(全文1892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです