メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

タイ人公邸料理人(その1) 外交支える食卓の和

 午前10時、インドの首都ニューデリーにある日本大使公邸の厨房(ちゅうぼう)で、招宴の準備が進んでいた。包丁を握るのはタイ人の公邸料理人、スポット・カドペットさん(46)だ。この日夜に平松賢司大使が迎える賓客は、インドファッションデザイン連盟の会長夫妻。スポットさんが腕を振るうメニューは本格的な日本料理が中心である。

 突き出し=ぎんなん焼き、生春巻き、コーンのかき揚げ▽小鉢=卵豆腐▽焼き物=鶏のけんちん焼き▽煮物=…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文683文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです