メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

タイ人公邸料理人(その2止) 日本の家庭の味追究

 

 ◆インドで6カ国目 タイ人の公邸料理人

賓客うならせ20年

 ニューデリーにある在インド日本大使館のタイ人公邸料理人、スポット・カドペットさん(46)は、父を早くに亡くした。高校卒業後の1994年、父親代わりだった13歳年上の兄チュンポンさんが勤めていたバンコクの日本料理店「菊水」に入社した。手先が器用で、料理の上達は早かった。

 「スポットは入ってきた当初から、まじめで素直、研究熱心だった。兄から聞いたり、自分でいろいろ調べたりしてどんどん挑戦する。だから覚えも早かった」。菊水の元マネジャー、渡辺芳子さん(73)が当時の奮闘ぶりを思い起こす。

この記事は有料記事です。

残り4708文字(全文4983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです