メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記憶つないで

カネミ油症50年/上 食品公害の恐怖、戯曲に 作家・桟さん語る

 <日曜カルチャー>

 国内最大の食品公害、カネミ油症の被害発覚から今年で50年となる。加害企業「カネミ倉庫」のある北九州市に当時住み、ドラマを通じて告発する活動を始めたのがノンフィクション作家、桟(かけはし)比呂子さん(79)=福岡県中間市=だ。幼子を育てる普通の主婦だったが、「ひとごととは思えない」と被害者から聞き取った話を戯曲にして市内外で上演。劇団解散後は「1人でもできる運動を続ける」と小説「化石の街」に昇華させた。あの時、被害者と交流する中で何が見えたのか。半世紀後の今、何を思うのか。言葉に耳を澄ませたい。【長谷川容子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです