メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー 絞り込んだ画面に映る厳しさ、切なさ、優しさ

 題名だけ見るとお化けが襲いかかってくるホラー映画を想像してしまいますが、いえいえ、こわくはありません。むしろロマンチックになりそうなんですが、それもそうならない。観客が受け入れやすいストーリーに流しこむことなく、幽霊が静かに佇(たたず)んでいるという、不思議な作品です。

 一軒家に住む男と女。2人の名前はわかりません。この家だってどこにあるのかも教えてもらえないんですが、それでもこの2人、見るからに仲がいい。ベッドに寄り添っている姿を見ると、それだけでもう説明なんか要らないという感じです。

 その男が、死んでしまう。家の外で車の衝突したところが映ることから、自動車事故だったのだろうとわかり…

この記事は有料記事です。

残り1334文字(全文1631文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです