メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
北海道

「おもちゃ病院」人気 “治療”待ちも 滝川工高

おもちゃ病院で修理依頼を受けたおもちゃを“治療”する生徒たちの手=北海道滝川市の滝川工業高で

 北海道滝川市の滝川工業高校(斉藤穣校長、172人)で今年4月、電子機械科3年生6人が「おもちゃ病院」を開院した。地元だけでなく道内各地から多くのおもちゃが集まり、“治療”待ちの人気となっている。

 受け付けると「診断書」を作成し、壊れた原因の特定から始める。おもちゃの設計図や説明書がないことも多く、医師にあたる生徒たちは商品のホームページを探すなどして目の前のおもちゃと真剣に向き合う。

 「病院」は、グループを指導する実習助手の岸本あすかさん(22)の学生時代の体験がきっかけ。岸本さん…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文753文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです