メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

罪を犯した人の更生 「理由や背景」周りが考えて

罪を犯した人の更生について話す三宅晶子さん=高松市で2018年11月10日、岩崎邦宏撮影

 罪を犯した人の更生を考える講演会が10日、高松市内であった。今年3月に受刑者専用の求人誌「チャンス」を発刊するなど採用、教育を支援する「ヒューマン・コメディ」(東京都)の三宅晶子社長(47)が講演し、「悪いことをするには本人なりの理由や背景がある。それを周りの人や社会が考えられるとよいのではないか」と呼びかけた。【岩崎邦宏】

 講演会はNPO法人「自立準備ホーム香川・止まり木」(高松市)が主催。更生保護の関係者らが参加した。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです