メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

大分舞鶴が優勝 33大会連続57回目

33大会連続57回目の優勝を決めた大分舞鶴の選手ら=大分県大分市の市営陸上競技場で2018年11月11日、田畠広景撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の大分県予選大会は11日、大分市西浜の市営陸上競技場で決勝があり、大分舞鶴が19-14で大分東明を降し、33大会連続57回目の優勝を果たした。大分舞鶴は2点リードされた後半23分、モールを押し込み逆転に成功した。大分東明は、注目のフィジー留学生の1年生2人が奮闘するも及ばなかった。【田畠広景】

 3年連続で同じカード。制したのは大分舞鶴だったが、大分東明もあと一歩と迫り舞鶴を苦しめた。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 沖縄、複数の米軍基地で数十人の新規感染 大規模クラスターの可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです