メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

新テスト 国語の記述式問題は5段階評価に

 大学入試センターは、大学入学共通テストで導入する国語の記述式問題の成績を、5段階評価で示すことを決めた。成績をどう活用するかは各大学に委ねられており、国立大学協会は評価を点数化してマークシート式に加点する方法を指針で示している。

 国語の記述式は3問出され、それぞれ字数制限や指示通りの文章になっているかなど複数の正答条件をいくつ満たしたかによって、a~dの4段階で評価する。さらに3問それぞれの評価をセンターが作成した段階表に当てはめ、トータルでA~Eの5段階の成績に分ける仕組みにする。

 数学1・Aの記述式は段階別評価をせず、マーク式と同様に点数化して配点する。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文615文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです