豊洲市場1カ月

客足遠のき、仕入れ代行が繁盛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市場移転後、竹かごを手に買い出しに来る小規模店主は減った。「ゆりかもめやバスは通勤客で混んでいて、かごを持って歩けない」との声も=東京都江東区の豊洲市場水産仲卸売場で2018年11月9日、市川明代撮影
市場移転後、竹かごを手に買い出しに来る小規模店主は減った。「ゆりかもめやバスは通勤客で混んでいて、かごを持って歩けない」との声も=東京都江東区の豊洲市場水産仲卸売場で2018年11月9日、市川明代撮影

 築地市場が移転した豊洲市場(東京都江東区)が開場して11日で1カ月。衛生・温度管理が徹底した新市場への期待もあり、取扱量は築地に比べて微増した。一方、築地から2.3キロ移動した影響で、「市場に足を運ぶ客が減った。電話でのやり取りだけでは信頼関係が崩れかねない」との声も。飲食店や小売店の仕入れを代行する業者には注文が殺到している。【市川明代、森健太郎】

 豊洲の10日までの青果取扱量は約2万3000トンで、築地時代の前年同期に比べ8%増。水産物も前年同期比4%増の約3万1000トンと堅調だ。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1159文字)

あわせて読みたい

注目の特集