メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

土佐塾が高知中央降し18回目の花園

7大会連続18回目の優勝を果たした土佐塾=高知市の県立春野総合運動公園球技場で2018年11月10日午後2時28分、北村栞撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連、県ラグビーフットボール協会主催、毎日新聞高知支局後援)の決勝が10日、県立春野総合運動公園球技場(高知市春野町芳原)であり、土佐塾が7大会連続18回目の優勝を果たした。土佐塾は堅守とBKの突破力で相手の反撃を抑え、35-7で高知中央を降した。高知中央は1トライ返すも、ミスが重なり、チャンスを生かしきれなかった。【北村栞】

 走力と突破力で得点を重ねた土佐塾が、堅守で相手の反撃を抑えた。前半2分、モールで前進後、パスを受けたCTB小谷が左中間に先制トライ。その後もエリアを広げて敵陣に攻め込み、2トライ追加で突き放した。後半開始直後は自陣で守る時間が長くなったが、中盤にCTB下村がボールをインターセプトし、一気に進出。トライにはつながらなかったが、流れを引き戻した。後半30分にはSO松原がディフェンスを交わして左中間へ…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです