メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

リオ五輪覇者と一進一退も2位の大橋「悔しい」

女子400メートル個人メドレー決勝を制したカティンカ・ホッスー(左)とたたえ合う大橋悠依=東京辰巳国際水泳場で2018年11月10日、梅村直承撮影

競泳W杯東京大会 第2日(10日・東京辰巳国際水泳場)

 ターンで抜かれても泳ぎで追いつく。女子400メートル個人メドレーで一進一退の攻防を繰り広げた大橋がリオデジャネイロ五輪覇者のホッスーを終盤まで追い詰めて2位に入った。日本記録を1秒30更新する会心の泳ぎにも本人は「あとちょっとで勝てそうだったので悔しい」と首をひねった。

 バタフライ、背泳ぎと続く得意の前半200メートルは0秒58上回った。しかしそこからは女王の術中には…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです