メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

「独身の日」3.5兆円取引 アリババ最高更新

 【上海・共同】中国で「独身の日」と呼ばれる11日、インターネット通販各社が毎年恒例の値引きセールを展開した。最大手アリババグループのサイトの取引額は2135億元(約3兆5000億円)となり、過去最高だった昨年の1682億元を大きく上回った。楽天のネット通販の取扱高は昨年、約3兆4000億円だった。アリババはそれを超える規模の取引を1日で達成したことになる。

 アリババのサイトには、中国内外の約18万の企業・ブランドが参加。海外から商品を購入する越境通販では、国別で日本が首位で米国が続いた。商品別ではユニ・チャームや花王の紙おむつの人気が高かった。化粧品や健康食品も売れた。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです