メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

こんなに人・人・人…ふらっと気軽に行けない京都 日帰り客減少傾向

内外の観光客でにぎわう「竹林の小径」=京都・嵐山で2018年11月4日、奥村隆撮影

 内外の旅人を引きつけてきた古都に、異変が起きているのだろうか。紅葉シーズンを迎え、混雑を極めている京都市だが、年間観光客数は2年連続で減少しているという。世界トップクラスの人気を誇ってきた京都の未来を探った。【奥村隆】

 「観光客が増えすぎ、行きつけの店でも予約を取らなきゃ入れなくなった。『そうだ、行こう』と思って、ふらっと出かけられる町じゃなくなってしまいました」。そう残念がるのは、年2、3回は京都に通って文化財の修復や古い日本家屋の保存活用を手がけてきた「自由建築研究所」(東京都新宿区)の伊郷(いごう)吉信代表(65)だ。「今の京都はテーマパーク化している気がします」と嘆く。

 京都市の観光総合調査によると、2017年の市内の宿泊客数は1557万人(前年比10%増)で過去最多を更新した。東日本大震災が起きた11年はいったん落ち込んだものの、その後の6年間で43%も増えている。ところが、日帰り客は前年比7%減少し3805万人に。日帰りを含む17年の観光客数は前年比3%減の5362万人と2年連続で減少した。

この記事は有料記事です。

残り2124文字(全文2583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです