メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

「嫌う権利」を考える=永山悦子

 インターネット上の「自己責任」をめぐる議論での荒れた言葉遣いや、自らと異なる意見をバッシングする様子を見ると息苦しさを感じる。そんな折、最近の取材の先々で聞いた「日本人の寛容さ」をめぐる言葉を思い出した。

 高校生の長男が自閉症で、多くの子育て本を出版する立石美津子さんは、特別支援学校の教員免許を取るために出席した授業で聞いたという話を教えてくれた。

 「鉢植えに100個の種をまいたら、全部同じようには成長はしない。芽が出ないこともあるし、途中から成…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです