メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

文化の発信地としての書店

 誰にでも「思い出の本屋さん」があるのではないか。記者の場合も子供の頃から年代ごとに、いくつかの書店の姿が浮かび上がってくる。中でも特別な一つが、東京・池袋の西武百貨店にあった「リブロ池袋本店」だ。3年前、閉店したと知った時は少なからずショックだった。学生時代、池袋近くに住んだ者にとって、青春の一ページが失われるような思いがした。

 菊池壮一氏の著書『書店に恋して--リブロ池袋本店とわたし』(晶文社)を読み、そうした感情が呼び起こ…

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1493文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです