メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

ポール 平成も元気いっぱい=専門編集委員・川崎浩

 平成の終わりを象徴するような充実したコンサートが、めじろ押しの1カ月であった。

 10月半ば、東京・明治座で氷川きよしの長期座長公演。歌手の座長公演が定期的に行われる会場も減ったが、客を呼べる力のある歌手も少なくなった。氷川は貴重なその一人である。スター性や歌唱力は申し分なく、好感度も十分である。ただ、芝居の稽古(けいこ)不足は、本人が舞台で語る通り明らか。もし総合的な表現者としても位置を確立させる気があるなら、念入りな準備を整えたうえで、アウェー会場で鍛え上げていくべきであろう。芸能界のスター環境を想像させる公演であった。

 同17、18日に東京・日本武道館で、50周年の和田アキ子による「ワダフェス」。17日は加山雄三ら「…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  2. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです