メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道

全日本女子学生優勝大会 鹿屋体大3年ぶり栄冠

【鹿屋体育大-明大】代表戦でメンを決める鹿屋体育大の松本智=愛知県春日井市の春日井市総合体育館で2018年11月11日、大西岳彦撮影

 第37回全日本女子学生剣道優勝大会(全日本学生剣道連盟、毎日新聞社主催)は11日、愛知・春日井市総合体育館で行われ、鹿屋体大が3年ぶり10回目の優勝を果たした。準優勝は明大。連覇を狙った日体大は準決勝で明大に敗れ、国際武道大とともに3位だった。

間合い詰め挑む

 代表戦までもつれ込んだ末に手にした3年ぶりの栄冠に、鹿屋体大の大将で主将の松本智は仲間たちと抱き合いながら、つぶやい…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  5. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです