メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

NHK杯 紀平、快挙に「実感ない」 GP初出場V、一夜明け

エキシビションで演技する紀平=広島市中区の広島県立総合体育館で2018年11月11日、猪飼健史撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯で、日本勢初のGPシリーズ初出場優勝を果たした女子で16歳の紀平梨花(関大KFSC)が11日、広島市内で報道陣の取材に応じた。前日の快挙に「実感が全然湧かない」と初々しく話した。

 ショートプログラム(SP)5位と出遅れながら、フリーでトリプルアクセル(3回転半)を2本成功させて逆転した。完璧なジャンプに、女子で史上初めてトリプルアクセルを決めた伊藤みどりさんも「私はダイナミック。(浅田)真央ちゃんは高さがある。紀平さんは軽やか。(体重をうまく移動させて)回転軸をつくり、効率のいい跳び方をしている」と評価した。

 合計点で今季世界2位の224・31点。ロシア勢が強いなか、「SPのミスをなくすと5点以上は出る。少…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文1004文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです