メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第一次大戦終結100周年式典

仏大統領、国際協調訴える

第一次世界大戦の100周年記念式典に出席した(左から)トランプ米大統領、メルケル独首相、マクロン仏大統領夫妻とプーチン露大統領=パリで11日、AP

 【パリ賀有勇、福永方人】第一次世界大戦の終結100周年記念式典が11日、パリで開かれ、米国のトランプ大統領やロシアのプーチン大統領ら約70人の首脳らが出席した。式典を主催したマクロン仏大統領は世界におけるナショナリズムの高まりに警戒感を示した上で、「恐怖心を植え付け合うよりも、希望を足し合わせよう」と述べて、国際協調の必要性を訴えた。

 1914年から4年余にわたって続いた大戦では、兵士だけでも約1000万人が犠牲になったといわれ、式…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文782文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 犯人蔵匿隠避容疑で逮捕 あおり運転同乗50代女 宮崎容疑者暴行認める

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  5. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです