メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

池江が自身の日本記録塗り替え優勝 女子100バタ

女子100メートルバタフライ決勝を短水路日本新記録で制した池江璃花子=東京辰巳国際水泳場で2018年11月11日、梅村直承撮影

 短水路(25メートルプール)で争う競泳のワールドカップ(W杯)第6戦東京大会の最終日は11日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子100メートルバタフライで18歳の池江璃花子(ルネサンス)が自身の日本記録を塗り替える55秒31で優勝した。2位は世界記録保持者のサラ・ショーストロム(スウェーデン)だった。男子400メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が4分1秒93で制した。

 女子800メートル自由形は後藤真由子(Jaked)が8分19秒74で勝った。女子200メートル個人…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文856文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです