メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(24)カントリー音楽ファンとカリフォルニアの乱射事件

犠牲者と家族らの面会所で抱き合って涙を流す人々=米ロサンゼルス近郊サウザンドオークスで2018年11月8日、長野宏美撮影

 またしても多くの若い命が犠牲になった。ロサンゼルスから西に約70キロのサウザンドオークスのバーで7日深夜、乱射事件があり、警官1人を含む12人が死亡した。毎週水曜日に開かれる大学生向けのカントリー音楽のイベント中だったことから、店内は若者ら150人以上でにぎわっていた。犯罪が少なく、「全米で最も安全な町」の一つに数えられる人口約13万人の平和な町は、悲しみに包まれた。

 私は5月に「乱射事件でも銃規制に消極的なテキサスの町」という記事で、銃を身近に感じる住民の多い南部テキサス州の町では、乱射事件後でも銃規制を求める声が上がらなかったことを伝えた。だが今回は銃規制に積極的な民主党支持者が多い地域だけに規制を求める声ばかりかと思ったのだが、実際にはそうでもなかった。「もうこんな事件はたくさんだ」と早急な対策を望む声もあったが、予想に反して「銃の問題ではない」と考える…

この記事は有料記事です。

残り2511文字(全文2897文字)

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、ロサンゼルス支局を経て2019年から東京社会部。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 特権を問う 地位協定60年 米軍私有車、税減免14億円 政府間合意、自治体反発 19年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです