メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(24)カントリー音楽ファンとカリフォルニアの乱射事件

犠牲者と家族らの面会所で抱き合って涙を流す人々=米ロサンゼルス近郊サウザンドオークスで2018年11月8日、長野宏美撮影

 またしても多くの若い命が犠牲になった。ロサンゼルスから西に約70キロのサウザンドオークスのバーで7日深夜、乱射事件があり、警官1人を含む12人が死亡した。毎週水曜日に開かれる大学生向けのカントリー音楽のイベント中だったことから、店内は若者ら150人以上でにぎわっていた。犯罪が少なく、「全米で最も安全な町」の一つに数えられる人口約13万人の平和な町は、悲しみに包まれた。

 私は5月に「乱射事件でも銃規制に消極的なテキサスの町」という記事で、銃を身近に感じる住民の多い南部…

この記事は有料記事です。

残り2661文字(全文2897文字)

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです