メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

「自分は本当に人に心を開いてきたか、人を知ろうとしてきたか、そんなことを拘束中に何度も考えました」=横浜市で2018年11月8日、長谷川直亮撮影

 武装組織に3年4カ月も拘束される中、ジャーナリストの安田純平さん(44)は過去を振り返りひたすら自問した。「自分とは、人間とは……」。先月23日にシリアで解放された今も、同じ問いの中にいる。発狂寸前にまで追い込まれた「無期懲役の恐怖」を聞いた。【藤原章生】

 今月2日、安田さんが日本記者クラブで記者会見を開いたときに感じたのは「精神力の強さ」だった。目は左右に泳ぐが、しっかりと前を向いて語り続けた。その1週間後に向き合うと、印象が少し違っていた。

 答えるときは背筋を伸ばすが、話を聞くときは、背中を丸めてうつむき、目をつぶってひたすら傾聴するよう…

この記事は有料記事です。

残り2597文字(全文2872文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです