メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

歌舞伎俳優 中村東蔵の「沓手鳥孤城落月」 「僕じゃないとだめ」に喜び

=根岸基弘撮影

 日本医科大学の学長もつとめた医師の子に生まれたが、幼いころからの芝居好きで映画や商業演劇の舞台にも出演した。歌舞伎界入りは1961年。23歳で六世中村歌右衛門の芸養子となった。

 「歌舞伎の役を演じたことがないので、入りたては夢中でした」

 歌右衛門の自主公演「莟(つぼみ)会」で、65年4月に、戦国武将、上杉謙信、武田信玄の戦いを素材にした「本朝廿四孝(にじゅうしこう)」の通し上演があった。めったに上演されない「武田信玄館切腹」の信玄妻常盤井御前が配役された。武田勝頼の母。

 「初めての老け役で印象に残っています」

この記事は有料記事です。

残り1547文字(全文1805文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです