メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

 現在ではテーマパークとなっている広島県福山市の「みろくの里」。馬場正男は、ここが観光地となる先べんをつけた。1988年9月、荒れ地だったこの場所に、勝新太郎の監督作「座頭市」撮影用の巨大な宿場町のオープンセットを造ったのだ。

 勝は67年に設立した勝プロダクションで、「座頭市」シリーズを看板にドラマや映画を手がけていたが、採算を度外視した作品作りがたたり81年に倒産。新作は勝が懇意の実業家から出資を受けた、最後のテレビシリーズ以来約10年ぶりの座頭市だった。天才肌の勝のわがままぶりは変わらず、映画は準備段階から混乱が続く。しかし良いものを作ろうという志は高い。

 脚本が固まる前にオープンセットを組むことになり、広い空き地があって雨が少ないみろくの里が選ばれた。…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文771文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  2. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 救急車が道を間違え搬送遅れ 男性死亡 消防局「因果関係ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです