メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

学生団体・おりパラがくせいみんなで 20年五輪、若者参画を後押し 理念・歴史学び、イベント企画

オリパラを盛り上げるべく集まった、学生団体「おりがみ」のメンバー=東京都新宿区内で

 オリンピック・パラリンピック(オリパラ)東京2020大会の開催に向け、現在公式ボランティアを募集中。「ただ働きさせるのか」など反発する声を受け、なかなか応募に踏み切れない学生も多いのでは。オリパラに関するイベント企画を行っている学生団体「おりがみ」を取材した。【津田塾大・畠山恵利佳】

 団体名「おりがみ」の由来は「『オリ』ンピック・パラリンピックを『が』くせい『み』んなで盛り上げよう」と、日本の代表的文化である折り紙から。

 オリンピック・パラリンピックには「スポーツによって言語や文化の壁を越えて世界を平和にする」という理念がある。これに持続可能な開発という考えを加えた「スポーツ・文化・環境」が大会の柱だ。さらに「国際交流・ユニバーサルデザイン・教育」を加えた六つのテーマを元に「おりがみ」は活動を行っている。

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです