放ち鵜飼

5羽成功 本格実施へ手応え 宇治川で内覧会 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
追い綱を付けずに魚をとるウッティーを見守る鵜匠の澤木万理子さん=京都府宇治市の宇治川で、矢倉健次撮影
追い綱を付けずに魚をとるウッティーを見守る鵜匠の澤木万理子さん=京都府宇治市の宇治川で、矢倉健次撮影

 宇治市の宇治川で11日、「宇治川の鵜飼(うかい)」を主催する宇治市観光協会が、ウに追い綱を付けない「放ち鵜飼」の内覧会を初開催した。放ち鵜飼は国内では島根県益田市で十数年前まで行われていたのが最後とされ、宇治川では2020年からの本格的実施を目指す。

 14~17年に人工ふ化で誕生し「ウッティー」と呼称される…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

あわせて読みたい

注目の特集