メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

田原本町・町長公室参事 村上玲子さん 地域と外国人の懸け橋に /奈良

大使館などでの経験を生かし地域活性化に取り組む村上玲子さん=奈良県田原本町役場で、藤原弘撮影

 10月に田原本町の町長公室参事となった。国の地方創生に伴う人材派遣で外務省から赴任し、地域活性化やまちづくりなどに取り組み始めている。国とのパイプ役や町各課との調整役を果たしていくという。「珍しい国で経験したことを地域に伝え、自分も新たなことを吸収したい」と前向きだ。

 生駒市で育った。外務省南米課で日系人コミュニティーの課題などに取り組み、「なじみのある奈良県で外国人に来てもらえるような地域づくりを」と、人材派遣に応募した。2020年9月末まで、田原本町に勤める。

 07年からペルー大使館やアンゴラ大使館などに勤務。学校建設や農業のプロジェクトなど開発協力の仕事を中心に携わった。アフリカのモザンビークでは日本文化を紹介しようと、和太鼓グループを招いて演奏会を開催。「1200人もの人が来て感動してくれた」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  2. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです