メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取大

アカハラ訴訟 教授の懲戒処分無効 地裁判決 /鳥取

 学生にアカデミックハラスメント(アカハラ)などをしたとして鳥取大から停職6カ月の懲戒処分を受けた同大大学院の男性教授が、処分を不当として同大学に懲戒処分の無効確認などを求めた訴訟の判決公判が、鳥取地裁であった。藤沢裕介裁判長は大学側の処分を無効とし、停職期間中の賃金など計約500万円の支払いを命じた。

 藤沢裁判長はハラスメント行為を一部認定した上で「停職6カ月は処分が重すぎる」と理由を述べた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです