メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島義勇

七賢人、銅像除幕 北海道開拓、功績後世に 佐賀市、ふるさと納税活用建立 /佐賀

 幕末から明治維新期にかけて活躍した「佐賀の七賢人」の一人、島義勇(よしたけ)の銅像が佐賀市城内に完成し、11日に除幕式があった。集まった関係者からは、北海道開拓の父と呼ばれる島の知名度向上に期待する声が上がった。【関東晋慈】

 銅像は台座を合わせて高さ約3・5メートル、青銅製で重さ約650キロ。佐賀城公園の西御門橋南側に設置された。維新150年を記念し、島の開拓者精神を継承しようと、県と県内20市町などによる「肥前さが幕末維新博推進協議会」(会長、山口祥義知事)が、ふるさと納税で集まった約2300万円を含む2800万円で建立した。

 除幕式には北海道の高橋はるみ知事や島の子孫らも参加した。山口知事はあいさつで「このプロジェクトが成…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文865文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです