メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国学力テスト

英語 「話す」希望校のみ 録音、教員の負担重く 来年度

 文部科学省は12日、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で2019年度から導入される中学校の英語について、19年度は「話す」技能の試験を全員参加方式とせず、希望校のみの実施とすることを各教育委員会などに通知した。パソコンで生徒の声を録音する方式を巡り、文科省が進める働き方改革に反して教員の負担が増えることを懸念する意見や、再生・録音に基本ソフトが対応できないなどの指摘が寄せられたことに配慮した。

 学テの英語は4技能(読む、書く、聞く、話す)の到達度を調査するため、19年度から国語、算数・数学、…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 厚底シューズは禁止されるのか 疑心暗鬼の中ライバル各社が仕掛ける宣戦布告

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです