メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

「移民社会」の足音/1 五輪・復興、外国人頼み 建設「究極の人手不足」

「海の森水上競技場」の建設現場(奥)で働くフィリピン出身のマークさん(左)とベトナム出身のディンさん=東京都臨海部で、丸山博撮影

 東京臨海副都心を走る新都市交通「ゆりかもめ」のテレコムセンター駅から車で約20分。2020年の東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー競技場となる「海の森水上競技場」予定地では、観客を収容するグランドスタンド棟などの建設工事が進む。

 ベトナムから3年前に来日したディン・バン・ズエットさん(24)は、工事を請け負う東洋建設(東京都江東区)などでつくるJV(共同企業体)の下請けに勤める技能実習生。母国でも日系企業で働いた経験があり、「日本語や技術を身につけたい」と来日した。

 朝8時から夕方5時ごろまで、日本人の先輩の指導を受けながら、外壁と窓枠の間にペースト状の材料を充填(じゅうてん)、防水加工する。作業はうまくできるようになったが「最後の仕上げは難しい」。ベトナムの5倍程度という月給の約半分は家族への仕送りに充てており「ベトナムで防水の仕事をするのが夢」だ。

この記事は有料記事です。

残り2098文字(全文2482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです