メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

蓋をしたはずが=玉木研二

 <ka-ron>

 グレゴリー・ペック、ローレンス・オリビエ、ジェームズ・メーソンと、今は亡い米英の名優がそろった映画に「ブラジルから来た少年」(1978年)がある。

 ナチスドイツの敗戦後、南米に逃れた狂信的な医師らが、ヒトラーのクローンとして誕生させた少年94人を世界に送り出し、ナチス再興を図る……。何と奇想天外な、とあきれてばかりはおれない苦い後味が残るのは、このストーリーがはらむ鋭い寓意(ぐうい)からに違いない。

 奇想天外なのは今の現実世界の方ではないか、という皮肉である。蓋(ふた)をしたはずのものが次々とよみ…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです