メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
社説

第一次大戦終結100年式典 米欧の亀裂を印象づけた

[PR]

 国際協調をアピールする狙いとは裏腹に、米欧の亀裂と対立を印象づける場となったようだ。

     第一次世界大戦の終結100周年記念式典がパリで開かれた。主催したマクロン仏大統領は演説で、世界で高まるナショナリズムについて「古い悪魔が再び目覚めつつある」と述べた。また、自国第一主義が「国家にとって貴重な道徳的価値観を失わせる」とも説いた。

     「米国第一主義」や各国の孤立主義を意識し、警鐘を鳴らした発言と受け止められている。

     マクロン氏は今回、台頭するナショナリズムに対抗する好機だとみて式典を設けた。米国のみならず、足元の欧州でハンガリーやイタリアなど自国第一主義の国が増え、極右政党が躍進していることへの危機感もある。

     ところが、トランプ米大統領は会場入りする際、ともに歩いた他の首脳たちとは別行動を取った。さらにマクロン氏が発案した「パリ平和フォーラム」は欠席した。相変わらずの単独主義的な行動だった。

     米仏間は首脳会談を通じてもぎくしゃくしたままだった。マクロン氏が事前に、米国に頼らない「真の欧州軍」構想を説いたことに、トランプ氏が「非常に侮辱的だ」と反応するなど、むしろ米欧の不和があらわになった。

     第一次大戦は膨大な犠牲者を出し、戦後に米国が提唱した国際連盟が創設された。だが、肝心の米国は国内の反対で参加しなかった。その結果、各国は自国優先の行動へと進み、約20年後には第二次大戦に突入した。国際秩序を維持すべきだという教訓は生かされなかった。

     第二次大戦後、米国は国連や多国間枠組みの中心的存在を常に務めてきた。しかし、トランプ氏の方針転換のため役割はかすみつつある。

     100年前の状況と現在を単純に比較することはできない。だが、ナショナリズムの兆候を重ねて見る向きもある。米欧の連携は国際秩序の維持のために不可欠である。

     平和フォーラムで、グテレス国連事務総長は「妥協する精神が弱まり、共同体のルールが軽視されている」と世界の現状を嘆いた。国際協調の精神が危機にあるという認識にほかならない。

    コメント

    投稿について

    読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して毎日新聞社は一切の責任を負いません。また、投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    利用規約

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

    2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

    4. 県戦没者追悼式 平和、次世代に 水戸 /茨城

    5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです