メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中間選挙後の世界2018

視点 米中関係にマイナス 中国人民大学米国研究センター主任・時殷弘教授

 米共和党が上院を、民主党が下院の主導権を握る議会のねじれが出現した影響は、国内政策に限られる。トランプ大統領の同盟国への粗暴な対応などにも民主党は反対するだろうが、対外政策の決定権は大統領の手中にあるからだ。

 重要なのはトランプ氏自身が中間選挙の結果をどう見ているかだ。応援に入った選挙区の多くで共和党候補が勝利したことから、政権の基本政策が信任されたと受け止めているはずだ。

 国民の半数の支持を得たとトランプ氏が思ったとしたら、中米関係にはマイナスの影響が出るだろう。30日からの主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて、トランプ氏と習近平国家主席が会談しても、大きな合意には至らないだろう。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです