RCEP

閣僚会合 年内妥結断念へ 関税、溝埋まらず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【シンガポール赤間清広】日中韓やインド、東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の閣僚会合が12日、シンガポールで開かれた。交渉筋によると、インドが交渉進展に慎重な姿勢を示したため、各国閣僚は目標としてきた年内の「実質妥結」を断念せざるを得ないとの認識で一致した。各国は来年もRCEP交渉の協議を続け、早期妥結を目指す。

 世耕弘成経済産業相は12日の会合後、記者団に「市場開放など一部で(各国の隔たりが)残っている部分がある」と述べ、合意に至らなかったことを明らかにした。当初は13日も閣僚会合を開いて詰めの協議を行い、14日の首脳会議につなげる方針だったが、世耕氏は「閣僚会合はいったん今日で終了する」と説明。13日の会合が取りやめになったことも明らかにした。交渉の根幹部分の関税撤廃率などの扱いで意見が対立する中、閣…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文858文字)

あわせて読みたい

ニュース特集