メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

「サハリン2」開発で対露交渉 国際協力銀行(JBIC)総裁・前田匡史さん

元米大統領補佐官のスコウクロフト氏(左)の事務所を訪ね、握手する前田さん=米ワシントンで2001年

現場に足運び、道開く

 2007年に資源金融部長に就き、ロシア・サハリン州の液化天然ガス(LNG)開発計画の交渉に当たることになりました。日本のエネルギー資源は中東依存度が高く、距離が近いサハリンに供給源を確保することへの期待は高かったのですが、ロシアは難しい相手。漁業者らの反対もあり行内の雰囲気は積極的と言い難く、数年にわたる交渉は宙に浮いた状態でした。

 計画は「サハリン2」と呼ばれる大規模なLNG基地開発です。私が担当になった時点で利害関係のある北海道の漁業者が強く反対し、国際NGOも環境破壊の懸念があると主張し完全に足踏み状態。前任部長の申し送りは「サハリン2は触らない方がいい」でしたが、それでは前に進めません。思えば1991年から3年間、米ワシントン赴任時も1人でシンクタンクの勉強会に通い、政府要人と人脈を築きました。そこで他の仕事は部下に…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです