メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

「サハリン2」開発で対露交渉 国際協力銀行(JBIC)総裁・前田匡史さん

元米大統領補佐官のスコウクロフト氏(左)の事務所を訪ね、握手する前田さん=米ワシントンで2001年

現場に足運び、道開く

 2007年に資源金融部長に就き、ロシア・サハリン州の液化天然ガス(LNG)開発計画の交渉に当たることになりました。日本のエネルギー資源は中東依存度が高く、距離が近いサハリンに供給源を確保することへの期待は高かったのですが、ロシアは難しい相手。漁業者らの反対もあり行内の雰囲気は積極的と言い難く、数年にわたる交渉は宙に浮いた状態でした。

 計画は「サハリン2」と呼ばれる大規模なLNG基地開発です。私が担当になった時点で利害関係のある北海…

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです