メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
経済観測

メルケル後の宰相に求められるもの=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 メルケル独首相は10月29日に12月のキリスト教民主同盟(CDU)の次期党首選に立候補せずと表明した。

 首相に就任した2005年からの13年間は元首相らの「支援」で道筋をつけたといえる。経済面ではシュレーダー前首相の遺産が大きかった。社会民主党(SPD)の党首であったシュレーダー氏は、「ドイツ病」とも呼ばれた危機的状況に対して、労働者に規律を求める改革に踏み出した。医師の診断書さえあれば欠勤も広範囲に許容されるのが労働者の権利ではないとした。メルケル氏はこの遺産の恩恵でユーロ圏のみならず世界経済における地位の再確立を果たした。

 シュミット元首相もSPDの出身だ。彼は国際社会のなかで西ドイツの持続性をいかに図るかに注力した人物…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文707文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです