メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

メルケル後の宰相に求められるもの=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 メルケル独首相は10月29日に12月のキリスト教民主同盟(CDU)の次期党首選に立候補せずと表明した。

 首相に就任した2005年からの13年間は元首相らの「支援」で道筋をつけたといえる。経済面ではシュレーダー前首相の遺産が大きかった。社会民主党(SPD)の党首であったシュレーダー氏は、「ドイツ病」とも呼ばれた危機的状況に対して、労働者に規律を求める改革に踏み出した。医師の診断書さえあれば欠勤も広範囲に許容されるのが労働者の権利ではないとした。メルケル氏はこの遺産の恩恵でユーロ圏のみならず世界経済における地位の再確立を果たした。

 シュミット元首相もSPDの出身だ。彼は国際社会のなかで西ドイツの持続性をいかに図るかに注力した人物だ。1974~82年の8年間はその格闘の歴史だった。とりわけ当時のソ連との間の交渉と対陣は、冷戦激化となった時期の欧州史の骨格をなす。メルケル氏は対外政策を中心にシュミット氏の助言には常に耳を傾けたといわれる。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです