メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ時々OFF

神様、仏様が大集合 国東半島

両子寺の仁王像=大分県国東市で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 神仏習合文化の象徴として知られる大分県の国東(くにさき)半島。一帯に点在する寺院群を「六郷満山(ろくごうまんざん)」と呼ぶ。開山1300年を今年迎えた地を訪ねた。

 ●仁王像が出迎え

 その昔、国東半島中央に位置する両子(ふたご)山(標高721メートル)から放射状に延びる谷筋に沿って六つの郷ができ、それぞれに寺院が開かれたという。半島には全国に約4万ある八幡神社の総本宮・宇佐神宮(大分県宇佐市)があり、独自の神仏習合文化が栄えたとされる。

 秋晴れの朝、大分空港でレンタカーを借り、六郷満山の総持院・両子寺(国東市)を目指す。のどかな田園風…

この記事は有料記事です。

残り1225文字(全文1511文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです