メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

ブーツコーデ 安定、華やか 太ヒールが両立

[1]左からスタッカート、オゥバニスター、ヴィセブントゥエルブサーティー、ファビオルスコーニ

 秋が深まり、ブーツの季節がやってきた。ここ数年はショート丈が主流で、カジュアルなものやデザイン性の高いものなどさまざまなタイプが登場している。トレンドのブーツと、それに合わせた洋服のコーディネートを教えてもらった。

 西武池袋本店(東京都豊島区)の婦人靴売り場担当、朝野友代さんによると、ブーツは今年もショート丈が人気。ヒールは太めで、高さ5~7センチのものが多く出ている。今回は2万~3万円台の商品を紹介してもらった。「太いヒールだと安定感があり履きやすいので、高さのあるものに挑戦する人が多いのでは。ヒールが高ければ、それだけドレッシーになるので、いろんな服に合わせやすいですよ」

 ここ数年、ヒール部分に装飾性のあるパンプスが増えていたが、今年はブーツにもヒールにペイントやラメなど華やかなデザインをあしらったタイプが多く登場している=写真[1]。「シンプル過ぎず、さりげなくおしゃれができると人気です」と朝野さん。

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです