メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

ユーモアと死生観=酒井佐忠

 現代歌人集会(林和清理事長)の秋季大会が12月2日午後1時から京都市のアークホテル京都で開催される。席上、第44回現代歌人集会賞の山下翔の歌集『温泉』(現代短歌社)の授賞式がある。<店灯りのやうに色づく枇杷の実の、ここも誰かのふるさとである>。作者はまだ20代。華やかさはないがつぶやくような簡素な言葉が魅力。もう一つ、ゲストの米川千嘉子が「人間的なるものの深さへ~岩田正と窪田空穂」と題して講演するのが注目。

 誰よりも短歌と人間を愛した岩田正は昨年11月3日に亡くなり、その後多くの新聞、雑誌や馬場あき子とと…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  5. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです